よく読まれている記事



近藤藩/近藤家1万石:近藤重直 近藤政成が死去し重直が跡を継ぐが幼少のため減封の上廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
近藤藩

【説明】
慶長15年(1610年)、「近藤政成」が信濃高井郡5千石、美濃国4郡において5千石の合わせて1万石を領したことから近藤藩が成立した。政成は「織田信長」に寵愛されたことで有名な「堀秀政」の四男で「堀秀治」の弟に当たるが、「近藤重勝」の養子となっていたため近藤姓を称していた。

政成は「大坂の陣」において「永井直勝」配下として参戦し戦功を挙げた。しかし元和4年(1618年)6月、31歳の若さで死去。嫡男「近藤重直」が後を継ぐが、7歳の幼少であったことから5千石しか所領相続が認められず、伊那郡に替地となった上で近藤藩は減封廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)