よく読まれている記事



岩村田藩/内藤家1万5千石:内藤正誠 新政府軍に与して宇都宮城の戦いや北越戦争に参戦した岩村田藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
岩村田藩

【説明】
元禄16年(1703年)8月、「内藤正友」が武蔵国赤沼藩から移封して岩村田藩が立藩された。第6代藩主「内藤正縄」は老中「水野忠邦」の実弟であったため、伏見奉行となりその功績により城主格に昇進した。

最後の藩主「内藤正誠」は日光祭礼奉行・奏者番・寺社奉行などを歴任する。戊辰戦争が勃発すると新政府軍に与して「宇都宮城の戦い」や「北越戦争」に出兵した。岩村田藩では城の築城計画がなされていたが、明治2年(1869年)に「版籍奉還」が行なわれ、さらに「廃藩置県」により廃藩となった。城は未完成のまま廃城となり、岩村田県は長野県に吸収された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)