よく読まれている記事



越前松岡藩/松平家5万石:松平昌勝 昌勝が福井本家を継いだため廃藩 【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
越前松岡藩

【説明】
正保2年(1645年)、福井藩主「松平忠昌(結城秀康の子)」が死去し、跡を次男の「松平光通」が継いだ。このとき、光通は弟の「松平昌親」に吉江藩2万5000石を分与し、兄である「松平昌勝」に松岡藩5万石を分与した。

松岡藩の初代藩主「松平昌勝」は元禄6年(1693年)に死去し、その跡を三男「松平昌平」が継いだ。しかし、享保6年(1721年)に福井本家の当主「松平吉邦」が死去すると、昌平が本家を継いで福井藩主となり、将軍「徳川吉宗」から一字を拝領し「宗昌」と名乗った。そして松岡藩は廃藩となり、所領は福井藩に吸収された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)