よく読まれている記事



高森藩/松平家2万石:松平宗胡 無嗣断絶のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
高森藩

【説明】
元禄10年(1697年)3月、紀州藩主「徳川光貞」の三男の「松平頼職」が3万石を分与されて高森藩が立藩された。しかし宝永2年(1705年)6月、本家を継いだ「徳川綱教」が嗣子なく死去したため、頼職が家督を継ぐこととなった。高森藩3万石のうち2万石は遠州浜松藩主「松平資俊」の次男「松平宗長」を高森藩当主として迎え分与し、1万石は頼職の弟「松平頼方(のちの徳川吉宗)」に与えられた。

宝永6年(1709年)12月、宗長の跡を養子である「松平宗胡」が跡を継いだが、正徳元年(1711年)11月に嗣子なく死去して無嗣断絶し高森藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください