よく読まれている記事



鯖江藩/間部家4万石:間部詮道 井伊直弼と共に安政の大獄を断行し桜田門外の変後は減封された鯖江藩【幕末維新写真館】

【藩名】
鯖江藩

【説明】
鯖江藩は享保5年(1720年)9月、越後村上藩主「間部詮言」が鯖江5万石に移封されたことから立藩した。幕末には大坂城代や京都所司代、老中を歴任し、藩主「間部詮勝」は藩政改革を行ったが領民から厳しい摂取を図ったために失敗した。

詮勝は井伊直弼が推し進めた「日米修好通商条約」締結における処理や「公武合体」運動に功績を挙げたが、その反面で「井伊直弼」と共に尊王攘夷派や一橋派を徹底して弾圧した。このため、直弼の死後「一橋慶喜」や「松平慶永」が政治の表舞台に復帰すると、直弼の派閥だった理由から文久2年(1862年)、隠居謹慎を命じられた上に1万石を減封されて4万石となった。

慶応3年(1868年)の江戸薩摩藩邸の焼討事件には庄内藩、上山藩、岩槻藩と共に参戦した。戊辰戦争が勃発すると新政府軍に恭順。明治2年(1869年)の「版籍奉還」により鯖江藩最後の藩主「間部詮道」は鯖江藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」により鯖江県となるが分割されて福井県と敦賀県に再編された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください