よく読まれている記事



大聖寺新田藩(大聖寺藩支藩)/前田家1万石:前田利昌 将軍綱吉葬儀中に柳本藩主織田秀親を殺害し改易・廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
大聖寺新田藩(大聖寺藩支藩)

【説明】
元禄5年(1692年)、大聖寺藩の第2代藩主「前田利明」が死去し、その跡を三男「前田利直」が継いだ。このとき、利直は弟の「前田利昌」に1万石を分与し大聖寺新田藩が立藩された。

宝永6年(1709年)、第5代将軍「徳川綱吉」が死去し、その葬儀が寛永寺にて行なわれた。このとき、大和柳本藩主である「織田秀親」が、朝廷からの使者に対する御馳走役を命じられる。同じく、前田利昌もこの役に任じられた。ところが利昌は2月6日、綱吉の法会が寛永寺で行なわれている時に寛永寺の厠に赴いた秀親を殺害した。このため、利昌はその身柄を山城淀藩主「石川義孝」に預けられ、同月18日に切腹となり大聖寺新田藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください