よく読まれている記事



能登下村藩/鳥居家1万石:鳥居忠英 近江水口藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】

【説明】
元禄2年(1689年)6月、信濃国高遠藩主「鳥居忠則」の家臣「高坂権兵衛」は江戸城の馬場先門の守衛を務めていた際に、他の幕臣との間で不手際を犯し捕縛された。藩士の監督不届きを理由に主家である鳥居家は改易となる。

しかし、鳥居家は「鳥居元忠」以来の三河の名族であるという理由で、特別の計らいとして「鳥居忠英」に能登国内の内、鹿島・珠洲・鳳至・羽咋四郡1万石を与えて能登下村藩を立藩させた。元禄8年(1695年)5月、忠英が近江水口藩に1万石加増の上で転封されたため、能登下村藩はわずか6年で廃藩となり、その所領は天領となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください