よく読まれている記事



長峰藩/牧野家5万石:牧野忠成 長岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
長峰藩

【説明】
越後を治めていた「松平忠輝」が改易された後を受けて「牧野忠成」が元和2年(1616年)7月、長峰藩へ5万石で入封した。忠成はそれまで上野国「大胡藩」2万石を統治していたが「大坂の陣」で武功を挙げたため長峰に加増移封されたのである。

しかし長峰藩へ移る直前の元和4年(1618年)、忠成は越後「長岡藩」6万4000石に加増移封との沙汰が下されたため、忠成と牧野氏家臣団の大部分は「長峰城」を未完成のまま、大胡から直接に長岡城へ移ったとされる。

これにより、長峰領(長峰藩)は高田藩に編入されたためにわずか2年で廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください