よく読まれている記事



坂戸藩/堀家5万石:堀直寄 信濃国飯山藩4万石に減移封され廃藩【幕末維新写真館】

坂戸藩/堀家5万石:堀直寄 信濃国飯山藩4万石に減移封され廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
坂戸藩

【説明】
慶長3年(1598年)、「堀秀治」が「上杉景勝」に代わって越後に入部したとき、堀直寄(堀直政の子)が坂戸城へ2万石にて入封した。直寄は慶長11年(1606年)の「堀鶴千代」の死去により蔵王堂藩3万石を加えられ、都合5万石を領すようになった。

しかし、慶長13年(1608年)に父「堀直政」が死去すると直寄は幼君「堀忠俊」のもとでの主導権をめぐって兄「堀直清」と争うことになる。この政争には勝利はしたが、忠俊は内紛の責任を問われ改易とされ、直寄も坂戸5万石から信濃国飯山藩4万石に減移封された。ここに坂戸藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)