よく読まれている記事



椎谷藩/堀家1万石:堀之美 戊辰戦争では北越戦争の激戦の地となった椎谷藩【幕末維新写真館】

【藩名】
椎谷藩

【説明】
明治元年(1868年)の「戊辰戦争」において、椎谷藩領内は「北越戦争」における激戦の舞台となり、甚大な被害を受けた。最新式装備を誇る長岡藩兵と薩摩藩・長州藩を中心とした新政府軍による攻防戦が繰り広げられた。

この激戦は長岡藩筆頭家老の「河井継之助」が負傷したことにより新政府軍が勝利した。翌年、椎谷藩主「堀之美」は「版籍奉還」により椎谷藩知事となり華族に列した。そして明治4年(1871年)の「廃藩置県」により椎谷藩は廃され、椎谷県が置かれる。

藩主堀家は明治17年(1884年)の華族令で子爵に叙されている。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください