よく読まれている記事



村上藩/内藤家5万石:内藤信美 庄内藩と共に新政府軍に抗戦するも降伏【幕末維新写真館】

【藩名】
村上藩

【説明】
内藤氏は「徳川家康」の異母弟「内藤信成」の家系である。村上藩7代藩主「信思」の養嗣子で第8代藩主となった「内藤信民」は、幕末の混乱期に藩内における佐幕派・尊皇派の対立に苦しみながら、慶応4年(1868年)7月に早世した。

このため「村上藩」は藩主不在となり、家老で佐幕派の「鳥居三十郎」が主導権を握ることになる。三十郎は「奥羽越列藩同盟」に加わり「庄内藩」と共に新政府軍と交戦したが、兵力・装備ともに劣る村上藩では太刀打ちできず、戦に敗れて同年9月27日に降伏した。明治2年(1869年)2月、信民の後を継いだ「内藤信美」は新政府より家督相続を認められ、同年6月には「版籍奉還」を行なって村上藩知事となる。

そして明治4年(1871年)の「廃藩置県」により村上藩は村上県となり、同年11月には「新潟県」に併呑された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください