よく読まれている記事



玉縄藩/松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

玉縄藩/松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
玉縄藩

【説明】
玉縄城は小田原北条氏の支城であったが、天正18年(1590年)の豊臣秀吉の「小田原征伐」で落城する。

玉縄藩/場所・アクセス・地図松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

「徳川家康」が関東に入封し、家康の参謀「本多正信」の所領となったが、正信は家康の側近中の側近であるにもかかわらず、石高はわずか1万石に過ぎなかったと言われている。

玉縄藩/場所・アクセス・地図松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

側近中の側近であるゆえに低い恩賞で他勢力から遺恨を買わないように配慮していたと伝わる。

玉縄藩/場所・アクセス・地図松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

その後は「松平正綱」の領地となるが3代目の「松平正久」のときに、上総国大多喜藩に転封となり玉縄藩は廃藩となった。

玉縄藩/場所・アクセス・地図松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください