よく読まれている記事



花房藩/西尾家3万5千石:西尾忠篤 徳川宗家の駿河移封の替地として横須賀藩から転封した西尾氏【幕末維新写真館】

【藩名】
花房藩

【説明】
明治元年(1868年)、遠江国「横須賀藩主」であった「西尾忠篤」が、安房長狭郡花房村に3万5千石をもって入部し「花房藩」が立藩された。これは徳川宗家が江戸から「静岡藩」へ移封されたことによる替地としてあてがわれた所領である。

翌年の「版籍奉還」で忠篤は藩知事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で花房藩は廃藩となり、花房県、そして木更津県を経て千葉県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください