よく読まれている記事



東条藩(西郷氏館跡)/西郷家1万8千石:西郷寿員 下野上田藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
東条藩

【説明】
元和6年(1620年)9月、下総国生実で5,000石を知行していた旗本「西郷正員」は、安房国への転封・加増を受けて1万石の大名となり、「東条藩」を立藩した。

東条藩の藩庁場所は現在の「西郷氏館跡」が有力とされておりほぼ間違いないという。

正員は寛永15年(1638年)11月14日に死去し、跡を子の延員が継いだ。延員は名君で、領民にも慕われていたと言われているが、後継には恵まれなかった。元禄3年(1690年)12月25日、家督を養嗣子の「寿員」に譲って隠居したが、間もなく幕府から不行状を理由に蟄居処分となった。

徳川綱吉の側近として仕えていた寿員は、元禄5年(1692年)2月7日、下野国上田(下野上田藩)に移封され東条藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください