よく読まれている記事



武蔵松山藩/松平家3万石:松平忠頼 遠江国浜松藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
武蔵松山藩

【説明】
豊臣秀吉の北条征伐後に「徳川家康」が関東入国すると、天正18年(1590年)に「松平家広」が武蔵松山1万石を与えられて武州松山藩を立藩した。のちに3万石に加増された。しかし、家広は慶長6年(1601年)、25歳の若さで病死する。その後を異父弟の「松平忠頼」が継ぐが、遠江国浜松城に5万石にて加増転封し、松山藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください