よく読まれている記事



岩富藩/北条家1万石:北条氏重 下野富田藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
岩富藩

【説明】
北条氏勝は天正18年(1590年)、豊臣秀吉による「小田原征伐」の際に「玉縄城」で善戦したが、本多忠勝や榊原康政の説得を受けて徳川家康に降伏し、やがて家康の家臣となった。この氏勝が小田原征伐後、原氏に替わって下総国岩富1万石を与えられ「岩富藩」が立藩された。

氏勝は慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で尾張国犬山城を守備する功を挙げた。慶長16年(1611年)3月に氏勝は死去し、後を養嗣子(保科正直の四男)の「北条氏重」が継いだ。氏重は慶長18年(1613年)、下野富田藩に移封となったため「岩富藩」は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください