よく読まれている記事



臼井藩/酒井家3万石:酒井家次 上野国高崎藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
臼井藩

【説明】
戦国時代、臼井の地は千葉氏の家臣「原氏」が治めていた。豊臣秀吉の「小田原征伐」で原氏が滅亡した後、徳川家康が関東に入封し、三河国吉田城主「酒井家次」が3万石で臼井に入り、臼井藩を立藩した。家次は徳川四天王の筆頭「酒井忠次」の嫡子である。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で家次は徳川秀忠軍に属して上田城の「真田昌幸」攻めに参加した。

家次は慶長9年(1604年)12月、上野国高崎藩に加増移封となり、臼井藩は廃藩の上でその所領は天領となった。元禄14年(1701年)からは佐倉藩領として組み込まれている。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)