よく読まれている記事



矢作藩/三浦家1万石:三浦正次 下野壬生藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
矢作藩

【説明】
豊臣秀吉の「北条征伐」後、関東に移封された「徳川家康」は、下総国分氏の居城「下総矢作城(大崎城)」に「鳥居元忠」を4万石で入封させた。これが矢作藩の立藩である。

翌年の慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」の前哨戦「伏見城攻防戦」で元忠は戦死してしまった。家康は戦後、元忠の武功を賞して嫡子「鳥居忠政」を陸奥磐城平藩に加増移封されたため、矢作藩は廃藩となり天領となった。

元和4年(1618年)、「三浦正次」がこの地にて780石の旗本として入封し、次第に加増を受けて石高も5000石にまで昇進する。寛永7年(1630年)、正次は5000石の加増を受けて1万石の大名となったため再び「矢作藩」が再立藩された。寛永16年(1639年)、正次は下野壬生藩に移封となったため矢作藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください