よく読まれている記事



大輪藩/土井家1万石:土井利直 継嗣問題で減封の上廃藩 旗本となる【幕末維新写真館】

【藩名】
大輪藩

【説明】
古河藩主として有名な「土井利勝」の五男「土井利直」は正保元年(1644年)9月、父の遺領から5000石を相続する。万治元年(1658年)9月、兄の「土井利隆」の子「土井利重」が宗家を継ぐと5000石を分与され、合わせて1万石の所領となり大名として列したため、岡田郡大輪村に「大輪藩」を立藩した。

利直は延宝5年(1677年)3月に死去する。死去する前に兄「土井利房」の次男である「土井利良」を養嗣子として迎えようとしたが、一族に相談せずに願い出たので幕府はこれを認めなかった。このため大名としての家名は断絶し、大輪藩は廃藩となった。

しかし、父「土井利勝」の功績を考慮されて、所領を減封の上で5000石の旗本として存続を許された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください