よく読まれている記事



高岡藩/井上家1万石:井上正順 新政府に恭順し家名を保った高岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】
高岡藩

【説明】
慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では新政府に従い、藩主「井上正順」は従五位下・宮内少輔に叙位任官する。その後、「版籍奉還」により高岡藩知事になり、廃藩置県で藩知事を免職となった。明治8年(1875年)には警視庁15等を拝命し、翌9年(1876年)には警部補に昇進した。

高岡藩主の井上家は幕末期に浜松藩を領した井上家の分家筋にあたり、常陸下妻藩と共に、みな平穏無事に明治維新を迎えている。明治4年(1871年)の廃藩置県で高岡藩は廃藩となり、高岡県となる。のちに高岡県は新治県を経て千葉県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください