よく読まれている記事



上総苅谷藩/堀家1万石:堀直良 上総八幡藩へ陣屋移転のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
上総苅谷藩

【説明】
寛永19年(1642年)、「堀直景」は父である「堀直之」の遺領9500石を継いで本来の所領500石と合わせて1万石を領する譜代大名として諸侯に列した。これにより「上総苅谷藩」が立藩された。

直景は寛文8年(1668年)8月に家督を嫡男「堀直良」に譲って隠居し、出家して宗三と号した。直良は同年12月に苅谷から上総国市原郡八幡に陣屋を移したため、ここに上総苅谷藩は廃藩となり、以後、堀氏は上総八幡藩として存続した。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください