よく読まれている記事



佐貫藩/阿部家1万6千石:阿部正恒 旧幕府軍撒兵隊へ援軍を送り謹慎となった佐貫藩主 阿部正恒【幕末維新写真館】

【藩名】
佐貫藩

【説明】
佐貫藩最後の藩主となった「阿部正恒」は、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」で旧幕府軍に与したことから罪を問われ謹慎処分となった。旧幕府軍の脱走兵で構成された「撒兵隊(徳川義軍府)」に対して藩兵を援軍として送り、これに反対した家老を粛清するなどして新政府軍と敵対した。

旧幕府軍の敗退が濃厚になると新政府に武器弾薬を差し出して降伏、勝隆寺で謹慎を命じられたのである。しかし、同年10月に赦免された。翌年の「版籍奉還」では佐貫藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」で佐貫藩は廃藩となった。その後、佐貫県となったが同年11月、木更津県に吸収され、後に千葉県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください