よく読まれている記事



飯野藩/保科家2万石:保科正益 戊辰戦争勃発時に徳川慶喜の助命を求めた飯野藩主 保科正益【幕末維新写真館】

【藩名】
飯野藩

【説明】
飯野藩最後の藩主「保科正益」は大坂定番を務め、慶応2年(1866年)5月26日には「若年寄」にまで栄進し、「第二次長州征伐」では征長軍の指揮をとった。慶応4年(1868年)、「戊辰戦争」が勃発すると、正益は新政府軍に恭順する代わりに徳川宗家「徳川慶喜」の助命を求めて入京しようとしたが、親戚筋の「会津藩」が徹底抗戦の構えを取ったため、正益は連座して謹慎処分となった。

これに対して正益は新政府軍の房総掃討戦で旧幕府軍に与した家臣を処刑して謹慎を解かれている。翌年の「版籍奉還」により飯野藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」で飯野藩は廃藩されて飯野県となり、木更津県を経て千葉県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください