よく読まれている記事



片野藩/滝川家2万石:滝川正利 病弱の為1万8千石を幕府へ返納し廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
片野藩

【説明】
戦国武将「滝川雄利」は織田信長に仕え、信長没後はその次男「信雄」の家臣となった。信雄が改易されると豊臣秀吉の家臣として伊勢国神戸に2万石を与えられた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では西軍に与したため、改易された。しかし、将軍「徳川秀忠」に召し出されてその家臣になったことから、常陸片野において2万石を与えら片野藩を立藩する。

雄利の死後、家督は嫡男の「滝川正利」が継いだが、正利には嗣子がなかった上、生来から病弱だったため、寛永2年(1625年)に領地2万石のうち、1万8000石を幕府に返上して2000石の旗本となった。これにより片野藩は消滅した。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください