よく読まれている記事



西方藩/藤田家1万5千石:藤田信吉 大坂夏の陣の失態にて改易【幕末維新写真館】

【藩名】
西方藩

【説明】
藩祖は「藤田信吉」である。信吉は畠山重忠の子孫と言われ、北条家や「武田勝頼」の家臣として仕えた。武田勝頼が「織田信長」によって滅ぼされると、越後の「上杉景勝」の家臣となった。信吉は慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」直前に東軍(徳川家康)につくことを主張し孤立すると、上杉家から出奔した。

そして徳川家臣として、戦後下野西方1万5000石を与えられ大名として列し、西方藩を立藩した。慶長7年(1602年)、佐竹義宣が常陸水戸から出羽久保田藩へ減移封されたときには水戸城の接収を受け持った。

「大坂の陣」にも従軍したが、慶長20年(1615年)の夏の陣後に、「榊原康勝」の軍監を務めていたときの失態と戦功に対する不満からの失言等、諸々の理由を挙げられて改易され西方藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください