よく読まれている記事



小山藩/本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

小山藩/本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
小山藩

【説明】
「本多正純」は徳川家康の謀臣であった「本多正信」の嫡子で、正純も父に劣らず知略に優れていた。家康が大御所になり「征夷大将軍」を秀忠に譲ると正純は家康側近として権勢を大いに振るった。家康没後は「徳川秀忠」に仕え、元和2年(1616年)には2万石の加増を受けた。

小山藩/場所・アクセス・地図 本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

元和5年(1619年)、正純は下野宇都宮藩15万5000石に加増移封となり、小山藩は廃藩となる。その所領は隣接する古河藩に吸収された。なお、絶大な勢力を誇った本多一族だったが、秀忠側近の「土井利勝」や奥平家(秀忠の姉婿)らの勢力盛り返しにあい幕各から退いた。

小山藩/場所・アクセス・地図 本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

当初5万5千石の減封処分とされたが、これを受けなかったため秀忠の逆鱗に触れ、最期は改易処分にされた。その身柄は出羽佐竹家へ預けられ、その後横手に移されて永年蟄居の身となった。幕府の権勢を欲しいままにしていた正純はこの地で静かに最期を迎えた。

小山藩/場所・アクセス・地図 本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください