よく読まれている記事



皆川藩/米倉家1万5千石:米倉忠仰 武蔵六浦藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
皆川藩

【説明】
元禄12年(1699年)、上野・武蔵・相模などに1万石を領していた若年寄の「米倉昌尹」が5000石加増の1万5000石で入封する。昌尹は同年7月12日に死去し、その跡を継いだ第2代藩主「米倉昌明」のとき、弟「米倉昌仲」に3000石を分与したため1万2000石となった。

米倉昌明は元禄15年(1702年)4月25日に死去し、その後を「米倉昌照」が継いだ。昌照は正徳2年(1712年)5月23日に死去し、跡を忠仰が継いだが、忠仰の代の享保7年(1722年)、居館を「武蔵六浦藩」に移したため、皆川藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください