よく読まれている記事



下野上田藩/西郷家1万石:西郷寿員 勤務怠慢により減封交替寄合格となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
下野上田藩

【説明】
元禄5年(1692年)2月7日、「徳川綱吉」の寵臣であった安房東条藩主「西郷寿員」は、下野国都賀郡・河内郡・芳賀郡に所領を移された。これにより、下野上田藩が立藩した。

だが、寿員の養父で隠居の「西郷延員」が不行状の咎を受けて寿員預かりの蟄居の身になると、寿員もその余波を受ける。翌元禄6年(1693年)11月、寿員は養父と同じく不行状・勤務怠慢などの罪を咎められて所領の半分を没収され、下野上田藩は2年足らずで廃藩となった。以後、西郷家は5千石の交替寄合となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください