よく読まれている記事



高徳藩/戸田家1万石:戸田忠綱 幕末の宇都宮城攻防戦では新政府軍側で参戦した高徳藩【幕末維新写真館】

【藩名】
高徳藩

【説明】
慶応2年(1866年)3月、「戸田忠至」は「天狗党の乱」で改易の危機に立たされた宇都宮藩を救い、山陵奉行として功績を挙げたことから、本家である宇都宮藩戸田家から1万石を分与され、大名となり高徳藩を立藩した。

領地は高徳・藤原・塩原など下野で1735石、河内国若江・丹北など5265石、他に新田3000石である。「戊辰戦争」では高徳藩領が新政府軍と旧幕府軍の戦場になった。本藩宇都宮藩と同様に早くから新政府軍に恭順し、旧幕府軍や会津藩兵と戦った。

忠至は明治維新後、新政府に招かれて山陵修補奉行や京都裁判所副総督、宮内大丞、御医師支配、権弁事、参与会計事務局判事などを歴任し、明治2年(1869年)に家督を子の「戸田忠綱」に譲った。

明治3年(1870年)に下野と河内の両国を召し上げられ、替地として下総に所領を与えられ下総国曽我野に移り曽我野藩を立藩した。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください