よく読まれている記事



上里見藩/松平家2万石:松平忠恒 小幡藩へ移封となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
上里見藩

【説明】
上里見藩は寛延元年(1748年)8月、篠塚藩主であった「松平忠恒」が移封されたことから立藩した。表高は2万石。忠恒は奏者番・寺社奉行を兼務した「松平忠暁」の次男で、自身も奏者番と寺社奉行を兼務している。上里見藩主となった同年閏10月には若年寄となり、「徳川吉宗」の死去に当たってはその諸事を処理する役目に当たった。

その後も「徳川家重」や「徳川家基」ら歴代将軍の下で功績を挙げたことから、明和4年(1767年)上野甘楽郡などに所領を移され、以後、松平(奥平)氏は「小幡藩」として存続することとなった。この移封により上里見藩は廃藩となる。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください