よく読まれている記事



左沢藩(左沢楯山城)/酒井家1万2千石:酒井直次 幕末前に出羽松山藩へ併呑【幕末維新写真館】

【藩名】
左沢藩

【説明】
元和8年(1622年)山形の最上氏の改易によって、庄内藩成立と同時に「酒井忠勝」の弟「酒井直次」が村山郡左沢で1万2,000石を与えられ左沢藩が成立した。左沢藩主「直次」は当初居城を「左沢楯山城」としたが、後に小漆川に築城を始め、城下町の造営に着手した。

左沢藩は藩主直次が寛永8年(1631年)3月10日に嗣子なく没したため改易の上、幕府領となった。この左沢領は後に庄内藩の預地となり、寛永9年(1632年)に「加藤忠広」の改易庄内藩預かり処分に伴い庄内藩丸岡領1万石と交換の形で庄内藩領となった。

さらに慶安元年(1648年)には出羽松山藩の分与成立により松山藩領となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください