よく読まれている記事



富江藩(五島藩支藩)/五島家3千石:五島盛明 幕末期に本藩である福江藩に併呑されかけたが農民一揆が勃発した富江藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
富江藩(五島藩支藩)

【説明】
五島氏第23代目当主「五島盛次」の弟「五島盛清(富江五島家初代当主)」が、寛文元年(1661年)、宗家「福江藩」より分与して富江藩が成立した。そして政庁として富江陣屋が築かれた。石高は3000石で、高家・交代寄合(大名格)として扱われた。

第6代当主「五島運龍(瑞鳳公)」は、将軍「徳川家斉」の側衆、大番頭役、京都二条城在番、大坂城番、諸国巡見使を歴任した。第7代当主「五島盛貫」の時代には、実高が1万600余石となった。慶応4年(1868年)、第8代当主「五島盛明」の代に福江藩に併合されかけたが、この時、富江領民は武装蜂起して激しく抵抗したため実現しなかった。

【場所・アクセス・地図】
〒853-0201 長崎県五島市富江町富江新町








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)