よく読まれている記事



中津藩/奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

中津藩/奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】
4/5 (1)

【藩名】
中津藩

【説明】
天正15年(1587年)の「豊臣秀吉」による九州征伐の論功行賞で播磨宍粟山崎から「黒田孝高」が入封し、12万3000石を領有した。その後、「関ヶ原の戦い」で戦功のあった嫡男「長政」が慶長5年(1600年)筑前福岡藩に52万3100石で加増移封された。

中津藩/場所・アクセス・地図 奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

黒田長政が福岡へ移封したあとを受けて、同じく「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」率いる東軍についた「細川忠興」が丹後宮津より39万9000石で入封し中津藩が成立した。忠興は慶長7年(1602年)、藩庁を「小倉城」に移して小倉藩となる。中津城はその支城となり代々城代が置かれた。寛永9年(1632年)、肥後の「加藤忠広」が改易されると2代藩主「細川忠利」は肥後熊本藩に移封となった。

中津藩/場所・アクセス・地図 奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

同年、播磨国明石藩より譜代大名の「小笠原忠真」が小倉藩主として小倉城に入り、豊前北部15万石を領した。支城であった豊前中津城には忠真の甥「長次」が播磨龍野藩より8万石で入封し再び中津城が藩庁となった。元禄11年(1698年)、第3代藩主「長胤」は失政や日常の不行跡を咎められ藩領没収の上、小倉藩小笠原本家へ預かりとなった。

しかし、弟「高円」が半減の4万石をもって跡を継ぐことを許された。享保元年(1716年)、第5代藩主「長邕」が7歳で夭逝したため、その弟「長興」が播磨安志藩へ移封となり安志藩1万石を立藩した。

中津藩/場所・アクセス・地図 奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

享保2年(1717年)、「奥平昌成」が丹後宮津藩より10万石で入封し、以後、明治4年(1871年)の廃藩置県まで奥平氏が支配するところとなった。幕末の藩主「奥平昌邁」は、伊予宇和島藩主「伊達宗城」の四男として生まれ、文久3年(1863年)5月、奥平昌服の養子となる。慶応4年(1868年)5月、養父昌服の隠居により家督を相続する。そして、明治2年(1869年)には斬新的な藩政改革に取り組んだ。特に人材登用などでは選挙法を採るなど、家格に基づく世襲法を打破した新しい方法を取り入れた。

中津藩/場所・アクセス・地図 奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

明治4年(1871年)の廃藩置県で中津県となり、小倉県・福岡県を経て大分県に編入された。奥平時代の同藩の出身者として、藩医であり『解体新書』を著した「前野良沢」や下級藩士出身の「福澤諭吉」がいる。また、福沢とは親戚にあたる「増田宋太郎」は旧中津藩士によって中津隊を結成し西郷軍に加わり西南戦争に参加した。

【場所・アクセス・地図】
〒871-0050 大分県中津市二ノ丁本丸








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)