よく読まれている記事



広島新田藩(広島藩支藩)/浅野家3万石:浅野長厚 戊辰戦争では広島藩宗家と行動をともにした広島新田藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
広島新田藩(広島藩支藩)

【説明】
広島新田藩は、享保15年(1730年)より広島藩の蔵米3万石を与えられ広島藩4代藩主「綱長」の三男「長賢」により立藩された。藩主は参勤交代を行わず江戸定府の大名であった。元治元年(1864年)には吉田(安芸高田市)に吉田陣屋を構えた。

幕末期の動乱では本家と行動を共にしている。明治2年(1869年)、広島藩に併合され廃藩となった。現存する建物としては通称「三菱窟」が現存し、市内甲田町の個人宅に西御門が移築現存し、高田市内の教徳寺には陣屋門が現存している。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)