よく読まれている記事



生坂藩(岡山藩支藩)/池田家1万5千石:池田政礼 新政府軍に従い大津警備や尾張藩への進軍で功をあげた生坂藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
生坂藩(岡山藩支藩)

【説明】
生坂藩は備中国窪屋郡生坂(岡山県倉敷市)周辺を領有した藩で、石高は1万5000石であった。寛文12年(1672年)、池田光政の三男「輝録」が立藩し藩主は岡山城下に居住していた。

文久3年(1863年)、上京して御所の警備を務めた。慶応3年(1867年)12月には再び上京し、翌慶応4年(1868年)からの「戊辰戦争」では本家の岡山藩と共に新政府軍に与した。そして大津口の警備や尾張藩への進軍などで功を挙げている。

江戸期を通じての名称は岡山新田藩で、明治3年(1870年)に生坂藩と改称した。明治4年(1871年)廃藩置県により生坂県となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)