よく読まれている記事



矢橋藩/市橋家2万1300石:市橋長勝 越後三条藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
矢橋藩

【説明】
「中村一忠」が伯耆米子藩に入封したとき、八橋には一族の「中村一栄」が入部した。しかし慶長14年(1609年)に「中村一忠」が死去して中村氏が改易されると、伯耆国には諸大名が分散配置されることとなり、矢橋には「市橋長勝」が美濃今尾藩から2万1300石で入封し矢橋藩が立藩された。

「大坂の陣」で軍功を挙げた長勝は、元和2年(1616年)8月に2万石を加増の上で越後三条藩に加増移封され、矢橋藩は廃藩となりその所領は因州池田氏の属領となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)