よく読まれている記事



黒坂藩/関家5万石:関一政 家中の内紛により改易・廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
黒坂藩

【説明】
慶長14年(1609年)に「中村一忠」が死去して中村氏が改易されると、伯耆国には諸大名が分散されて配置されることになる。そして翌年、伊勢亀山藩から「関一政」が2万石加増の上の5万石で黒坂藩に入り黒坂藩が立藩された。

一政は築城や城下町建設で尽力し藩政の確立に努め、大坂の陣においても戦功を挙げたが、元和4年(1618年)7月、家中における内紛を理由に幕命にて改易され黒坂藩は廃藩となった。その後、その所領は因州池田氏の属領となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)