よく読まれている記事



若桜藩/池田家2万石:池田徳定【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
若桜藩

【説明】
豊臣政権時代は木下重堅が若桜城主であったが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に属し、敗戦とともに自害した。
慶長6年(1601年)、摂津国三田藩より山崎家盛が3万石で入封して立藩した。2代・家治は元和3年(1617年)備中国成羽藩に転封となった。以後鳥取藩領となる。
元禄13年(1700年)に鳥取藩の支藩として同じ地に鳥取西館新田藩が立藩した。以後は鳥取藩の項目を参照。
明治元年(1868年)、第10代藩主の池田徳定は若桜に陣屋を置いたため、鳥取西館新田藩は若桜藩と呼ばれるようになった。

幕末期は佐幕派として御所警備を務め、義父・慶徳の補佐に務め、元治元年(1864年)の禁門の変では慶徳の名代として軍を率いて上洛し、禁門の変にも参加した。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、鳥取藩とともに新政府側に与して伊勢桑名藩と戦った。明治元年(1868年)12月10日、藩名を若桜藩と改名する。

明治3年(1870年)、若桜藩は鳥取藩に合併されて廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)