よく読まれている記事



竹田藩/赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた責を負い切腹となり廃城【幕末維新写真館】

竹田藩/赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた責を負い切腹となり廃城【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
竹田藩

【説明】
最後の城主である「赤松広秀(斎村政広)」は「関ヶ原の戦い」では石が三成率いる西軍に属し、田辺城(舞鶴城)を攻めるも西軍は本戦で敗戦する。

竹田藩/場所・アクセス・地図 赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた責を負い切腹となり廃城【幕末維新写真館】

その後徳川家康率いる東軍の「亀井茲矩」の誘いで鳥取城攻めに加わり城を落城させるが城下を大火にした責めを負い、家康の命によって慶長5年(1600年)12月3日、鳥取真教寺にて切腹した。広秀の居城であった竹田城は家康の命により「山名豊国」が受取りに行き入城した。その後江戸幕府の一国一城の方針により竹田城は廃城となった。

竹田藩/場所・アクセス・地図 赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた責を負い切腹となり廃城【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)