よく読まれている記事



八木藩/別所家2万石:別所吉治 病を理由に参勤交代を怠り狩猟をしていたことで改易・廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
八木藩

【説明】
八木藩祖は「別所重宗(重棟)」で所領は1万5000石であった。重棟は「織田信長」の命を受けて「羽柴秀吉」率いる中国遠征軍が攻めてきたとき、甥で別所家当主「別所長治」に信長に降伏するように進言したが容れられなかったため、甥のもとから去って秀吉の家臣となった。長治は秀吉に居城「三木城を」攻められて一族とともに自害したが、重宗は秀吉家臣として存続し、天正13年(1585年)8月に八木城主に任命された。そして八木藩が立藩された。

重棟は長男の「別所吉治」に家督を譲って隠居した後、天正19年(1591年)6月に死去した。後を継いだ二代藩主「吉治」は、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」においては石が三成率いる西軍に味方して「細川幽斎」が守る丹後田辺城を攻めたため、戦後に改易された。

しかし吉治の伯母が「徳川秀忠」の乳母であったことから、後に罪を許されて八木藩に復帰した。吉治は「大坂の役」で徳川方として武功を挙げたことから、5000石を加増されて2万石の大名となった。しかし寛永5年(1628年)5月28日、吉治は病を理由に参勤交代を行なわず、狩猟して遊んでいたことが露見し改易され、八木藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)