よく読まれている記事



播磨新宮藩/池田家1万石:池田邦照 末期養子が認められず寄合旗本となった新宮藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
播磨新宮藩

【説明】
藩祖「池田重利」は本願寺総領家坊官で法主顕如の執事を務めた「下間頼龍」の子に生まれ、本来の名を「下間頼広」と言う。本願寺教如と争って出奔し、母の実家で叔父の播磨姫路藩主「池田輝政」を頼りその家臣となった。頼広はその武勇を認められ、慶長18年(1613年)に輝政の嫡男「利隆」より池田姓と揚羽蝶紋を許され、利隆の偏諱を与えられて「池田重利」と改名し一門衆に列された。

元和元年(1615年)の「大坂夏の陣」において池田利隆・忠継兄弟の下で戦功を挙げ、甥の「建部政長」とともに摂津川辺郡・西成郡尼崎で1万石を与えられ大名に取り立てられた。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩主池田氏の転封により、現在の兵庫県揖保郡太子町・たつの市誉田町に所領を移され、鵤藩が立藩された。寛永3年(1626年)近隣の龍野藩・姫路藩本多家との対立が原因で陣屋を播磨国の新宮に移した。

寛文3年(1663年)、「池田邦照」が6歳で4代藩主となったが、寛文10年(1670年)に13歳で早世した。邦照には弟「重教」がいたが末期養子が認められず、新宮藩は廃藩となってしまう。しかし、備前岡山藩主「池田光政」や因幡鳥取藩主「池田光仲」の幕府への運動もあって、重教は改めて新宮周辺で3000石を与えられ寄合として家名存続を許された。

幕末には大名への復帰を願い、岡山藩の助力も仰いだが再び立藩することは叶わなかった。明治2年(1869年)、新宮領は生野県に編入され、生野県は豊岡県を経て兵庫県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)