よく読まれている記事



丹波亀山藩/松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

丹波亀山藩/松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
丹波亀山藩

【説明】
慶長14年(1609年)、徳川氏譜代の家臣である「岡部長盛」が下総山崎藩から移封され丹波亀山藩が再度立藩された。長盛が亀山藩に入ったのは、大坂城の「豊臣秀頼」への抑えの役割もあった。岡部時代に亀山城下町の原型が出来上がったとされ、慶長15年(1610年)、徳川幕府は西国大名を総動員して亀山城の築城を行った。

丹波亀山藩/場所・アクセス・地図 松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

江戸期を通じて多くの大名が入れ替わり立ち替わり城主を務めたが、寛延2年(1749年)、青山氏と入れ替わりで形原松平家の「松平信岑」が亀山藩主となるり、亀山藩主家として定着した。

丹波亀山藩/場所・アクセス・地図 松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では新政府の山陰鎮撫使に降伏し、その後は東征に参加している。明治2年6月19日(1869年7月27日)、伊勢亀山藩との混合を避けるため「亀岡藩」と改称する。明治4年7月14日(1871年8月29日)の「廃藩置県」により亀岡県となり、同年11月に京都府に合併された。

丹波亀山藩/場所・アクセス・地図 松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)