よく読まれている記事



山家藩/谷家1万石:谷衛滋 新政府の要請に応じ上洛し西園寺公望引きいる山陰道鎮撫軍に従った山家藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
山家藩

【説明】
藩祖「谷衛友」は織田信長・豊臣秀吉に仕えて丹波国山家にて1万6000石を拝領した。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では西軍に属して「小野木重勝」らと行動を共にし、東軍の細川藤孝(細川幽斎)の丹後国田辺城を包囲する。しかし、西軍に属したのは本意でなかったため、歌道の師匠でもあった藤孝に内々に通じており、そのため、戦後は「徳川家康」から所領を安堵されている。

山家藩は、明治時代まで谷氏13代の支配が続いた藩である。江戸期を通じて一族に領地を分与したため藩の最終的な石高は1万石となった。慶応4年(1868年)1月19日、新政府が樹立され、その要請に応じて幕末の藩主「谷衛滋」は上洛し、明治天皇に拝謁する。そして「西園寺公望」が指揮する山陰道鎮撫軍に恭順した。

明治維新の動乱においては、いち早く新政府軍に恭順を示したため無事に家名を存続した。明治4年(1871年)、廃藩置県により山家県となり、その後京都府に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)