よく読まれている記事



大坂藩/松平家10万石:松平忠明【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
大坂藩

【説明】
大坂城は天正11年(1583年)に豊臣秀吉によって築城されて以来、秀吉による天下統一、その後のいわゆる「豊臣政権」の中心として機能してきたが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い以後は徳川家康が実権を掌握し、それまで天下人の地位を保持してきた豊臣秀頼は摂津・河内・和泉65万7千石の一大名として押し込められたという解釈においては、大坂藩といえる。

慶長20年(1615年・元和)大坂の陣による豊臣家の滅亡後、伊勢国亀山藩より家康の外孫で養子となっていた松平忠明が10万石で入封し大坂藩が成立した。忠明は大坂の陣で荒廃した大坂の町の復旧に努め、元和5年(1619年)大和国郡山藩に移封となったため廃藩となり、以後は公儀御料として幕府により大坂城代・大坂町奉行が置かれた。幕末となり、家茂や慶喜が一時大坂城に入ったものの、徳川宗家の本拠地として変更される事はなく、廃藩置県まで独立の藩が置かれる事はなかった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)