よく読まれている記事



尼崎藩/松平家4万5千石:松平忠興【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
尼崎藩

【説明】
青山氏4代幸秀は正徳元年(1711年)に信濃国飯山藩へ転封となり、松平忠喬が遠江国掛川藩から入部し,青山氏の体制を引き継いだが、武庫郡・菟原郡・八部郡内の計26か村が幕府に召し上げられ4万石に減少した。さらに今津、西宮、御影、兵庫などの裕福な36か村が幕府に召し上げられ、引き換えに播磨国内各地の71か村が与えられ、石高は5千石の増加となったものの、実収入は激減した上に、藩領が分断されたことから領国経営が機能しなくなり、藩政は傾いていった。

慶応4年(1868年)1月の戊辰戦争では新政府に恭順し、所領を安堵された。2月に徳川氏との訣別の証として姓を桜井と改称する。

明治4年(1871年)廃藩置県により尼崎県となり、翌年、兵庫県に編入された。最後の藩主・忠興は後に西南戦争の際、博愛社(後の赤十字社)を設立した一人となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)