よく読まれている記事



高槻藩/永井家3万6千石:永井直諒【幕末維新写真館】

【藩名】
高槻藩

【説明】
高槻は戦国時代、織田信長や豊臣秀吉に仕えた高山右近が治めていた。、キリシタン大名としても有名な右近は、秀吉の宣教師追放令で大名の地位を追われ、その後に新庄直頼が3万石で高槻に入ったが、1600年の関ヶ原の戦いで改易され、その身柄は蒲生秀行に預けられた。

元和元年(1615年)に内藤信正が近江国長浜より4万石で入り、高槻藩が立藩した。信正は高槻城を改修し、本丸・二の丸を建設した。元和3年(1617年)に山城国伏見城代となる。下総国守谷より土岐定義が2万石で入るが、定義は元和5年(1619年)死去する。子の頼行は幼少のため、減封により旗本に降格となり、下総国守谷に再び移封となった。三河国形原より松平家信が2万石で入るが、寛永12年(1635年)下総佐倉藩へ移封となる。播磨国龍野藩より岡部宣勝が5万1000石で入ったが、寛永17年(1640年)和泉岸和田藩へ移封となる。下総佐倉藩より家信の次男・松平康信が3万6000石で入るが、慶安2年(1649年)に丹波篠山藩へ移封と、藩主が短期間で相次いで変わり、藩主家の交替が相次いだ。

その後、山城長岡藩より永井直清が3万6000石で入ってようやく藩主が定着し、永井氏13代の支配を経て明治時代を迎えた。明治4年(1871年)に廃藩置県により高槻県となり、のち大阪府に編入された。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください