よく読まれている記事



陶器藩/小出家1万石:小出重興 無嗣改易となるが家名は存続した小出家【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
陶器藩

【説明】
慶長9年(1604年)、「小出吉英」が但馬国出石藩を相続する際に、6万石のうち1万石を叔父の「小出三尹」に分与した。この分与により三尹は大名となり、陶器藩を立藩した。三尹は、豊臣秀吉の生母「大政所」なかの妹を妻とする「小出秀政」の四男である。所領は河内国錦部郡・和泉国大鳥郡・摂津国西成郡・但馬国気多郡および美含郡内に分布していた。

三尹は慶長14年(1609年)から「徳川家康」に仕え、「大坂の陣」においても徳川方として参戦した。そして尾張国や遠江国で奉行職を務めるなどの功績を挙げている。寛永19年(1643年)4月29日、小出三尹は死去し、跡を「小出有棟」が継いだ。有棟の後は小出有重、そして小出重興と受け継がれた。

しかし重興は元禄9年(1696年)4月に病に倒れ、重興に嗣子がなかったため、弟の「小出重昌」を養子とすることで存続を願い出たが、その許可が出る前に重興が死去し陶器藩は無嗣のために改易となった。

なお、改易後の小出氏は、後に重興の叔父「小出有仍」が分家の「小出有棟」の弟「小出尹明」の養子として跡を継ぎ、将軍「徳川家綱」の小姓から昇進して信濃・甲斐・武蔵国内に5,000石を拝領し、宝永2年(1705年)には幕府代官支配となった旧領のうちより5,000石を与えられた。以後、小出氏は数代続き幕末を迎えた。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)