よく読まれている記事



小泉藩/片桐家1万1千石:片桐貞篤 鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍に京都守護を命じられた小泉藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
小泉藩

【説明】
小泉藩の藩祖は、「賤ヶ岳の七本槍」の一人として名を馳せた「片桐且元」の弟「片桐貞隆」である。貞隆は兄とともに「豊臣秀吉」に仕えて「小田原征伐」や「文禄の役」で武功を挙げ、播磨国内で1万石の所領を与えられた。貞隆は、豊臣秀頼の傅役となった兄「且元」とともに、秀吉没後の「豊臣秀頼」を支えた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」の後、貞隆は徳川家康から所領を大和小泉1万石に移された。これが小泉藩の立藩である。

第5代藩主「片桐貞音」は不手際から幕府に処罰された。第8代藩主「片桐貞信」は遜斎と号した茶人で、石州流中興の祖といわれている。幕末期には藩主の早世が相次いだため、第11代藩主「片桐貞利」からは養子が迎えられるに至った。しかしその養子も早世が相次いでいる。

最後の藩主となった「片桐貞篤」の時代に幕末を迎えた。貞篤は水戸松平氏の出身で、天誅組の変鎮圧などに貢献するなどはじめは佐幕派であったが、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では新政府軍に協力して京都守備を務めている。明治2年(1869年)の版籍奉還で小泉藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で藩知事を免官され、小泉藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)