よく読まれている記事



伏見藩/内藤家5万石:内藤信正【幕末維新写真館】

【藩名】
伏見藩

【説明】
関ヶ原後、家康は豊臣氏の牽制と畿内支配の拠点という両点から、焼失した伏見城の再建に乗り出す。そして慶長8年(1603年)、家康は伏見城にて将軍宣下を受け、江戸幕府を開いた。その後、家康は慶長12年(1607年)に駿府城を正式に居城とするまで、この伏見城を拠点としている。

家康が駿府に移った後、伏見には家康の異父弟の松平定勝が遠江掛川藩より5万石で入り、ここに伏見藩が立藩した。定勝は京都所司代の板倉勝重と共に京都守備に貢献したことから、城米2万石を下賜された。また、大坂の役においても伏見城は徳川方の重要拠点となった。豊臣氏滅亡後の元和3年(1617年)、定勝は伊勢桑名藩6万石へ加増移封され、代わって摂津高槻藩4万石の内藤信正が1万石加増の上で入った。しかし伏見城は豊臣氏滅亡後からは重要拠点としてみなされなくなった。

信正が元和5年(1619年)7月に大坂城代として転出すると、伏見藩は廃藩となり、伏見城は伏見奉行の管轄化に置かれることとなった。そして元和9年(1623年)に徳川家光が伏見城にて将軍宣下を受けた後、一国一城令に基づいて伏見城は廃城となった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください