よく読まれている記事



淀藩/稲葉家10万2千石:稲葉正邦【幕末維新写真館】

【藩名】
淀藩

【説明】
稲葉氏は10万2,000石という大領ではあったが、その所領は山城のほかに摂津・河内・近江・下総・越後などに分散しているという不安定さで、山城にあった所領は2万石にも満たなかったと言われている。このため、藩政においても財政基盤の脆弱さから人夫の徴発さえままならず、財政は苦しかった。第7代藩主稲葉正諶は、天明4年(1784年)に越後の所領を和泉や近江に移したが、これにより所領10万2,000石は7カ国に分散することとなり、全くの逆効果を招いた。

また、稲葉氏の歴代藩主は短命な者が多く、享保年間には4人の藩主が相次いで死去している。稲葉氏の歴代藩主の中で最も有名なのは第12代(最後)の藩主・稲葉正邦である。正邦は幕末期の動乱の中で老中を2度務め、板倉勝静や小笠原長行らと共に活躍した人物である。しかし彼の江戸詰め中に戊辰戦争の鳥羽・伏見の戦いが起こり、旧幕府軍が朝廷によって朝敵とされたため、淀城の城代は敗走する旧幕府軍に城門を開かなかった。これが鳥羽・伏見の戦いにおける旧幕府軍の敗北の一因とされ、この時期を扱った一部の時代小説には淀藩を罵倒軽蔑する記述も見える。

正邦は旧幕府瓦解時の老中であったため、新政府の命令で同年3月に謹慎処分となったが、閏4月には許されて京都警備を任されている。翌年の版籍奉還により藩知事となり、1871年(明治4年)の廃藩置県で免官された。淀藩は廃藩となり、その所領は各近辺の府県に組み込まれることとなった。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください